セキュリティ対策なら中小企業のサイバー保険へお問い合わせください

中小企業のサイバー保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
サイバー攻撃の標的は、大企業ばかりではありません!中小企業の約32%がサイバーセキュリティ事故の当事者に!
新着情報

2024/01/27

現行法体系に抵触する?

能動的サイバー防御は、憲法が保障する通信の秘密や不正アクセス禁止法といった現行法体系に抵触する恐れが……… 続きを読む


2024/01/19

能動的サイバー防御

これまでの日本のサイバー防衛手段は攻撃をキ 受けてからセキュリティーの穴をふさぐなど受動的な対策にと……… 続きを読む


2024/01/11

国家安全保障戦略

迫るサイバー戦争の危機に、日本政府も重い腰を上げた。22年末に閣議決定した「国家安全保障戦略」におい……… 続きを読む


2023/12/28

日本の重要インフラ

日本の重要インフラを担うNTTは気を引き締める。 NTT全体のセキュリティーを統括するグループCIS……… 続きを読む


2023/12/13

サイバー攻撃を未然に排除する

日本もすでにサイバー空間上の戦場と化している。 日本国政府全体に宣戦布告。私たちはロシア人です。私た……… 続きを読む


  • 全て表示
BLOG

2024/01/11

日本の「能動的サイバー防御

日本政府が考える「能動的サイバー防御」の具体的な中身はまだ明らかになっていない。 国家安全保障戦略の……続きを読む


2023/12/28

セキュリティー人材の育成

NTTはグループ全体で社内資格として認定した約5000人のセキュリティー人材を育成する。そのうち約1……続きを読む


2023/12/06

攻撃集団の首謀者2

首謀者はこれを通じて、攻撃対象となる企業のアクセス手段を購入することで、いとも簡単に攻撃準備が整って……続きを読む


2023/08/09

サイバースパイ活動

ただマイクロソフトは「(ボルトタイフーンは)将来の有事の際、米国とアジアの重要な通信インフラを混乱さ……続きを読む


2023/08/03

ボルトタイフーン

マイクロソフトによると、ボルトタイフーンは現時点で、米本土やグアムの重要インフラを持つ企業への具体的……続きを読む


  • 全て表示
  • 中小企業のオーナー様、システムご担当者様へ
御社は、サイバー事故、個人情報漏えい事故に、迅速に対応できますか?
ひとたびサイバーセキュリティ事故が発生すると…
■個人情報漏えいの発生確率が高まる
(1)個人情報保護委員会への報告の義務化
(2)漏えい対象となった被害者本人への通知義務化
対応を怠たり、個人情報保護委員会の命令に違反した場合、最高1億円の罰金が科される可能性があります。

■原因調査、再発防止、データ復旧に多額の費用がかかります。

■被害者が同時に加害者になり、巨額の賠償金が発生する可能性があります。
(1)取引先へのウイルスメール感染、システムダウンによる損害賠償請求
(2)信用の失墜、取引の停止の可能性もあります。
(3)関係者への広報、コールセンター対応なども必要です。
短期間で迅速かつ正確な対応が要求されます!
そんな人的・資金的余裕のある中小企業は少ないようです。
サイバー保険に加入することで、原因調査から顧客・取引先への謝罪などの各種対応(緊急時サポート総合サービス)や巨額な損害賠償金に対応できます。

ひとたびサイバーセキュリティ事故が発生すると・・・

  • ひとたびサイバーセキュリティ事故が発生すると・・・
  • 事例 サイバーセキュリティ事故・情報漏えいによる損失
  • サイバーセキュリティ事故・情報漏えいによる損失
具体的なご案内は、下のページをご覧ください。
  • 支払保険料はいくら?
  • 実際の加入例や加入者の声を聞きたい
  • 補償内容をもう少し知りたい
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop

Copyright(C) 有限会社フィット総合保険(中小企業のサイバー保険) All Right Reserved.